東京薬業健康保険組合

東京薬業健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

高齢者医療制度の概要とイメージ

前期高齢者の財政調整のしくみを中心に解説しています。

    高齢者医療には「後期高齢者」と「前期高齢者」の2つがあります

    日本の医療保険制度は主に

    • ①企業等に雇われている方が加入する「被用者保険」
    • ②市区町村単位で運営されている「地域保険」
    • ③65歳以上の方が対象の「高齢者医療」

    の3つに区分されます。

    このうち、高齢者医療は年齢に応じて「後期高齢者」と「前期高齢者」の2つに区分され、それぞれ財政負担の仕組みなどが異なります。

    後期高齢者医療制度は独立した医療保険制度です

    後期高齢者医療制度は、原則75歳以上の方が加入する独立した医療保険制度です。
    患者負担を除いた費用のうち、約4割は健保組合などが拠出する「後期高齢者支援金」で賄われています。

    前期高齢者には財政負担を調整する仕組みが導入されています

    65~74歳の方が該当する前期高齢者の医療は、各医療保険に加入している該当者の人数に偏りがあるため、財政負担を調整する仕組みが導入されています。
    具体的には、前期高齢者の加入率の低い健保組合等が「前期高齢者納付金」を拠出し、加入率の高い国保に「前期高齢者交付金」が交付されます。

    ページ先頭へ戻る