東京薬業健康保険組合

東京薬業健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

インフルエンザ予防接種事業

当組合では、被保険者及び被扶養者の方を対象に、インフルエンザの予防接種費用を一部補助しています。
従来から実施しております補助金事業に加え、令和2年度から*東振協(とうしんきょう)が実施するインフルエンザ予防接種事業もご利用いただけます。
東振協の契約医療機関で接種を受けると、補助金の窓口精算ができるため、当組合への補助金請求が不要となります。ぜひご利用ください。
詳細は「令和4年度インフルエンザ予防接種事業実施要項」をご覧ください。

*東振協:一般社団法人 東京都総合組合保健施設振興協会
東京都内に所在する総合健康保険組合の保健施設事業の普及・啓発を目的として設立された法人団体です。

インフルエンザの予防と対策

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンの同時に接種について

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種は可能です。
ただし、インフルエンザワクチン以外のワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンの同時接種については、単独で接種した場合と比較して、有効性及び安全性が劣らないとの報告があること等を踏まえ、令和4年7月22日開催の審議会において議論された結果、実施が可能となりました。

出典:厚生労働省ホームページ 新型コロナワクチンQ&A

インフルエンザ予防接種事業

当組合が実施するインフルエンザ予防接種事業のご利用は、接種期間内に1人1回限りとなります。
次のうちいずれかの方法を選んでご利用ください。

ページ先頭へ戻る